2017年3月7日火曜日

グルメな休日


少し前のことになりますが、よーく晴れた2月のとある一日、食道楽に徹してまいりました。最初のお目当ては三島広小路にある鰻の名店「桜家」。到着は朝11時10分くらいで、少し早すぎたかなと思いきや、すでにお店は開店しており(10時55分には開いているそうです)、暖かな日の光のなかで呼ばれるのを待ちます。5分後に、警備員風のおじさんが「うなぎ、待ってるよ!」と呼んでくれて無事入店です。下足札をもらい二階の座敷に通されます。うな重は2枚(1匹)、3枚(1匹半)、4枚(2匹)から選びます。中庸を好む私は3枚を注文。さらに10分待って、主役の登場です。よく脂が乗って、口の中に運ぶとほろほろと解ける心地よさ。富士の伏流水で身も心も清らかに育った鰻君の美味なることよ!もう、あっという間に完食です。車で15分も走って、お次は沼津港。河津桜が咲き始めて、観光客がバス単位で訪れる観光スポットでもあります。駿河湾で取れる新鮮な魚介。寿司あり、丼あり、刺身あり。そこそこ腹いっぱいなのに、駿河の寿司は入るのであります。生しらす、桜えびの軍艦、鯵は刺身で、鰯の握りはおかわりしちゃいました。馴染みの魚屋で干物をお土産に購入します。朝から美しかった富士山は、午後になっても全く曇らず、一日中、美しいお姿を見せてくれました。沼津から富士吉田を経由して都留へと走ります。富士の水で淹れたコーヒーを2杯飲んで、あとは一路、東京へ。食い意地の張った初春の一日でした。

 足柄SAからの富士山
 三島広小路駅前に到着…もうすぐ鰻
 ここが名店 桜家
 神々しい見事なうな重
 沼津港からの富士山
春うららか駿河湾

2017年3月5日日曜日

ご来場ありがとうございました!


今回もおかげさまで満席の小ホール。大勢のお客様に見ていただけた幸せに包まれて無事公演を終えることができました。皆さんとの一期一会、その積み重ねが「新宿オペレッタ劇場」の宝物です。お客様と一緒に〝新宿オペレッタ劇場の歌〟を歌える愉しさ!これが私たちの劇場の醍醐味でもあります。また来年、一緒にこの歌を歌いましょう!ありがとうございました!!

 終演直後の舞台裏にて全員集合!
 放っておくとすぐにこうなる…
もちろん打ち上げは和平飯店

2017年3月3日金曜日

明日がんばります!


本番会場での前日リハーサルもばっちり。あとは明日のお客様を迎えるだけ。出演者、スタッフ一同、お待ちしています。ほんの少し当日券、出るようです。9時から電話予約も可能とのこと。ぜひぜひ、聞きにきてください。

オペレッタ劇場出演者より愛をこめて

2017年1月15日日曜日

新宿オペレッタ劇場23始動!


お待たせしました。23回目の新宿オペレッタ劇場が動き始めました。前回はワルツ王ヨハン・シュトラウスとウィンナ・オペレッタ最後の巨匠ロベルト・シュトルツを特集しました。いわばオペレッタの“キセル乗車”、最初と最後を聴いていただきました。ならば、今回はその逆を行きましょう。始発駅と終着駅の間を“各駅停車”。フランツ・レハールとエメリッヒ・カールマンを中心に、ベルリン・オペレッタの巨匠パウル・リンケの名作《フラウ・ルーナ(月夫人)》の名曲をまとめて取り上げます。コンサートの最後は、ご存じ、リンケの「ベルリン気質」。日本初演作品ももちろんございます。チケットは昨年末より販売しておりますので、良い席はお早めに!
稽古もスタート!劇場でお待ちしてます!

2016年3月2日水曜日

みなさまに御礼

新宿オペレッタ劇場22、無事終了いたしました。いかがでしたか?慣れない曲、歌いくちに悩む曲など、新宿オペレッタ劇場ならではのハードルの高い作品たちに歌手の皆さんも苦労していただきましたが、さすが本番は違いましたね。本当にあっという間の2時間でした。拍手、拍手!ホールも満席、ありがたいかぎりです。ブラボーのお声もうれしかったです。お客様と演じ手が一緒に作る舞台の醍醐味を味わえた幸せな時間でした。打上げはいつもの和平飯店。ママがたっくさん料理を作って待っていてくれました。お腹いっぱい食べて、飲んで、疲れを癒して。またこの素敵な仲間たちと一緒できる日を心待ちにして。ご来場ありがとうございました。
終演直後の舞台裏 みんないい顔です!

2016年2月22日月曜日

稽古も大詰め

もう本番も間近となり、稽古も佳境に入っております。今回のテーマはシュトラウスとシュトルツ。ウィンナ・オペレッタの頭と尻尾を飾る二人の作曲家の魅力を存分に楽しんでいただこうという企画です。レア曲はもちろん、でも「こうもり」なんかもお聞きいただきます。やっぱり「こうもり」っていいオペレッタなんですね。稽古に熱が入って、「こうもり」1幕幕切れの三重唱だけで1時間15分の稽古…ってんで歌手の三人はくたくた。演出の私一人がご満悦という次第。ほかにもシュトラウス作曲「愉快な戦争」の濃密なる二重唱など、どうしても聞いておいていただきたい、いい曲がいっぱいです。少しですが予約キャンセルが出ていますので、新宿文化センターに電話してください!
 テノール歌手のアルフレードと刑務所長フランクが意気投合!
ロザリンデの亭主気取りで満足なアルフレード

2016年1月27日水曜日

年越しザルツブルグ その1

年末年始は妹家族の住むザルツブルグで過ごすことが多くなりました。昨年末のクリスマス前から向こうに飛びました。日本は暖冬と言われていますが、事情はあちらも同じで、ミュンヘン空港に降り立ったとき、なんて生暖かいのだろうと感じました。雰囲気は〝秋真っ盛り〟。抜けるような青い空に、白いお城が映えて美しかったです。とにかく、クリスマスの頃はコート要らずのザルツブルグでした。クリスマス市は観光客で混雑する市内のものを避けて、郊外にある水の離宮〝ヘルブルン宮殿〟に出向きました。昔のクリスマス市の風情の残る素敵なマーケットです。子どものためのミニ動物園が出張したり、素敵なアンティークの出店が出たり、見ていて飽きません。母はここで蜜蝋を買うのを楽しみにしています。夜の店じまいが近かったせいか、今年はいっぱいサービスをしてもらいました。さすがに夜は冷え込みますが、温かいグリュー・ヴァイン(甘くしたホットの赤ワイン)を飲めば、心も身体も元気になります。もちろん、今回も私たち家族は「白馬亭」に一泊。父が存命のころからですから、ここに通うのももう10年以上になるでしょうか。その間、こちらは父が逝き、妹が現地で結婚し、僕の大好きな甥っ子が生まれ、彼も小学校に通うようになりました。ただの実在するオペレッタの舞台という関心以上に、私と家族にとって、「白馬亭」は大切な思い出を作る場所になっています。今回はレストランとレセプションで少し寂しくなる出来事があり、昔のスタッフを知っている私たちは、「白馬亭」の格を疑ってしまいました。10年の間には、ここも新館ができ、昔のレセプションがクローズしました。厨房もレセプションも若いスタッフが対応しています。元気で笑顔。でも、真のホスピタリティに届いていない気がします。私が年をとったのかもしれません。名前こそ記憶していないのですが、私が初めてここを訪れたとき、レセプションには矍鑠とした初老の男性がいました。無駄に笑みなぞ浮かべない彼は、こちらがどうやって話しかけたらいいのかためらわれるほどの威厳がありました。でも、彼は決してゲストに不愉快な思いをさせないのです。私たち家族は彼の心遣いで、楽しい夕食を過ごし、心休まる時間を過ごすことができました。妹の友人で、日本人ツアーのガイドをしている人の話では、最近、白馬亭の経営陣が変わり、アジア人を積極的に誘致しているものの、そのマナーの悪さから、スタッフがアジア人に対して嫌な思いをしていると聞きました。わからなくもありません。日本でも同じような事情はあります。でも、もし、あの威厳のある紳士がいてくれたら、必死で白馬亭の格を守ってくれたのではないでしょうか。私たち家族も、常連だからこそという思いで、メッセージを残して帰ってきました。


青空に映えるホーエン・ザルツブルグ城
水のお城のクリスマスはきれい!
白馬亭に向かう途上、絶景のフシュル湖

白馬亭のプールに浮かぶ私

ヴォルフガング湖畔の白馬亭、まるで絵葉書