2012年12月16日日曜日

静かなる予告を…


新宿オペレッタ劇場支配人でございます。
3年ぶりの再開となりました『新宿オペレッタ劇場18』には、本当に大勢のお客様においでいただきました。この場をお借りして深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
実際、入り口で私をつかまえて「待っていたんですよ、3年も!」と言ってくださったお客様。そのお声がどれだけ嬉しく、また励みになったことか。また、いつもながらに無名な曲をたくさん連ねたわがままな舞台を心から楽しんでくださり、惜しみない拍手を贈ってくださったお客様のお気持ちの温かさ。そして、プログラムで平成25年11月に次回公演決定とお知らせしたところ、終演後、何人ものお客様から「1年も待っていられない。」という真面目なお叱りをいただきましたこと。それらのことが相まって、1年に1本が限界かと思っていた私も気持ちを改めなければと思いました。
よーし、頑張るぞ。1年に2本!
私が主宰を務めるオペラ団体「ガレリア座」の公演後となる平成25年6月下旬か7月上旬くらいを目指して次回『新宿オペレッタ劇場19』を上演したいと思います。まだまだプランは白紙。この年末のお休みを利用して熟考してまいります。詳細はこのホームページにて真っ先にお知らせいたします。どうぞお楽しみに。

0 件のコメント:

コメントを投稿