2013年10月28日月曜日

オペレッタコンクール

10月26日、南大沢文化会館で第2回ウィーン・オペレッタコンクール本選が行われました。実行委員長である黒田晋也先生からお話をいただき、私、審査員の一角を務めさせていただきました。アマチュアのガレリア座主宰として、またプロの舞台を作る新宿オペレッタ劇場の支配人としてアマ部門、プロ部門の両方を予選から楽しく拝見しました。若い方から、アマ部門の高齢にしてお元気に歌い踊られる紳士の方々まで。単純に歌の上手い下手ではなく、オペレッタだからこそ味わいとして評価できる、言ってみれば生き様みたいなものが垣間見えて、充実した時間を過ごすことができました。審査の舞台裏を明かすことはできませんが、プロ部門のときの審査員室はなかなか白熱した議論があり、結局1位を出さないという結論を導きました。私も正直にその結論を支持しています。そして、審査員室の厳しい議論を、本当は出場者の方々には知っていただいた方がいいように思うのです。あくまで誰の発言とか、そういうことではなく、私個人として感じたのは、舞台に立つ人は、誰を相手にしているかをもっと意識してほしい、ということです。誰に向かって歌っているのかということです。とくにパフォーマンスも重視されるオペレッタなら尚更のこと。若い人にそれを求めるのは無理でしょうか。いいえ。芦田愛菜ちゃんや鈴木福君にできることを20歳過ぎの声楽家にできないとは思えません。演じる気の強さ、やりきる度胸、そういう根性を見せてほしかったというのが私の感想です。あと、「こうもり」と「メリー・ウィドウ」のオンパレードは食傷気味でしたね。ちょっと笑いました。私も入口は「こうもり」でした。でもガレリア座で「こうもり」を再演しようとしたらファンの方たちに怒られました。私たちは珍しい作品をやることを世間から期待されているのです。アマチュアなのに…。そこで私はコルンゴルト編曲版「こうもり」を日本初演しました。ファンの皆様に当てつけるように。でもね、そうしたらオリジナルとここが違う!って見破ってくる人がいたんです。しかも、コルンゴルト版と私の演出上の悪戯とをちゃんと選り分けて!すごいですよ。それだけ好きな人がいるんです。そういう人を相手に「こうもり」と「メリー」だけじゃダメでしょう。勉強しましょう。東京オペレッタ劇場音楽監督の角さんが表彰式の後、私と並んで歩いていたら「八木原さんは誰を使いたいと思ってます?」って訊いてこられたんです。角さんも一座を率いている方ですからね。そういう目線、プロデューサー目線で見ていらしたんですね。で、お互い名前を打ち明けました。今は言えませんが、二人とも納得しちゃいました。プロデューサーの目なんですね。何がお客を喜ばせるかということです。しばらく、東京オペレッタ劇場と新宿オペレッタ劇場のキャスティングを見ていればわかると思います。まあ、何はともあれ、オペレッタを盛り上げたい、みんなで頑張りたいという黒田先生のお気持ちがとってもよく伝わってくる素晴らしいコンクールでした。オペレッタ好きの方々、どうぞプロアマ問わず、来年のコンクールにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 http://www.soleilmusic.com/competition-operetta.html

オペレッタコンクール

2013年7月15日月曜日

やっぱり本番は…

7月12日の夜、四谷区民ホールに集ったお客様には幸せな時間を過ごしていただけたのではないでしょうか。それはもちろん私たち演者やスタッフも同じこと。選曲して、訳詞して、宣伝して、必死に稽古してきた水面下のバタバタは、お客様の笑顔と拍手ですっかり飛んでいってしまいました。舞台の袖で進行を見ていると、あの長かった道のりが、砂時計をひっくり返して流れていく砂のようにサーッと昇華してゆくのです。嬉しいような、でも哀しいような。これが時間芸術の魅力ですね。打上げ最終居残りは私を含め午前3時まで。とてもいい会でした。ありがとうございました。

2013年7月12日金曜日

泣いても笑っても前日

最後の稽古を打ち上げました。私の演出家としての役割はここまで。明日は制作に徹してお客様に楽しく過ごしていただきたいと願うばかりです。今回はオペ劇ファミリーに家田さん、廣橋さん、勝又さんを新たにお迎えしましたが、今やすっかりファミリーの一員として最高のチームワークを発揮してくれています。舞台の醍醐味は、舞台上の幸福と、お客様の喜びが一体になったときこそ最高のものとなります。そんな至福のときが訪れるよう、どうぞ楽しみにお出かけになってください。本番日も厳しい暑さが予想されます。くれぐれも熱中症にはお気をつけください。それでは会場でお会いしましょう。

会場でお待ちしてまーす

2013年7月11日木曜日

二日前の稽古は

衣装や道具なども決まってきて、踊りや段取りも微調整の段階に入ってきます。カーテンコールの順番など、本番を意識した稽古も行うようになります。このあたりで一番怖いのはズバリ“歌詞”。新宿オペレッタ劇場は、すべてがオリジナルの歌詞なので、歌手のみなさんは膨大な新作歌詞を覚える試練を乗り越えます。一旦定着しても怖いのが“出落ち”と呼ばれる最初の歌い出しが落っこちること。何人ものメンバーがこの出落ちに苦しみました。プロンプター(舞台の前で客席に見えないように歌手に歌詞や歌い出しを教える役割)のいない新宿オペレッタ劇場では、すべて歌手の肩にこの重圧がかかります。過去の公演では、この出落ちに始まって、最初から最後まで一言も正しい歌詞を歌わずにアリアを歌い通した猛者もいらっしゃいました。もうずいぶん昔の話なので時効ですよね(笑)。

訳詞家三浦さんもボストンから駆けつけて

2013年7月9日火曜日

本番が近づくと

もはや本当のカウントダウン。稽古の熱が上がってくるのもさることながら、舞台周辺の人の動きも慌ただしくなります。公演には舞台上の人間だけでなく多くの裏方が関わります。新宿オペレッタ劇場では照明さんもその重要な担い手の一人。長いこと私を助けてくれている照明の寺西さんが今日、稽古に見えました。最初はオペラやオペレッタなんか何も知らなかった寺西さんですが、さすがは若き巨匠。最近はスコアの読み込みまでされるようになりました。照明も音楽がわかっているかどうかで、ずいぶんと違うのです。もはや手放せない私の大切な相棒です。

巨匠が見守るなか

2013年7月7日日曜日

オアシス

本番まで約1週間。稽古は連日連戦。さながら戦いです。その戦いの合間の休息こそ、まさに砂漠のオアシス。稽古がきつければきついほど?休憩テーブルのお菓子は豊かに贅沢になっていくようにも思えます。本日ふとテーブルの上を見ると人気沸騰中のキャラクターの飴が!そうです。くまモンです。ご出演の赤池さんが熊本出身。熊本のおいしい水で作られた黒糖飴でした。うん、甘い。

オアシスは熊

2013年7月5日金曜日

立ち稽古 佳境に

稽古が面白い。制作の現場にいると正直にそう思います。もちろん、本番というのは演者が全力を出すので最高の味わいを楽しめるという魅力があります。でも、そうなっていく過程には、産みの苦しみがあり、形になっていく喜びがあり、もう一度思い悩む瞬間があります。ああでもない、こうでもないという煩悶が、人間の創造行為らしくて、私は好きなのです(マゾかなあ)。今日は長丁場の立ち稽古でした。昼の2時過ぎから夜の10時までたっぷり8時間(正規の休憩はわずか10分!労基法違反でしょう)。実際、個々人が稽古している時間は短くても、拘束時間の長さが集中力を削いでいきます。精神的な葛藤とでも申しましょうか。みんなくたくた、でも不思議にハイテンションでした。

青い夏の夜に

二枚目そろいぶみ

大団円のフィナーレ

2013年6月28日金曜日

家田さんと勝又さん登場

2回目の稽古に家田さんと勝又さんが初登場。とくに家田さんとは初めてお仕事をご一緒することになります。お二人ともイタリア・オペラでのご活躍が印象的ですが、オペレッタも言うに及ばず。家田さんは日本オペレッタ協会最後の舞台、「ヴェニスの一夜」でのアンニーナが素晴らしく、彼女の大車輪の活躍あってこその舞台だったと記憶しています。なので、どんなに座長っぽい方なのかなとこちらもちょっと構えていたのですが、どうしてどうして、とても気さくな方、とても洒落た方でした。こちらが「じゃ、こんな感じでお願いできますか?」と申し上げると、私の思った以上に素敵な音楽に仕立ててくださるのです。うーん、こういう稽古、楽しいなあ。一方、勝又さんは「トゥーランドット」のカラフ役を終えたばかり。それが一転のオペレッタ。誰も寝てはならぬ…なんて歌いあげちゃうのかな、と思ったのですが…いや、じつに甘い。とろけるようにあま~い歌声なんです。ご当人はまだ戸惑いもあるようですが、これはオペレッタ向きですよ、本当に。素晴らしい。ぜひぜひ皆さんに聞いてもらいたいです。じつはこの日、立ち稽古も少し始まりまして、北村さん、勝又さん、赤池さんは相当に長時間の負荷のかかった稽古になりました。あと2週間、がんばりまするぞ。

真剣なアンサンブル稽古

2013年6月26日水曜日

産みの苦しみ

今回、じつはキックオフとなる稽古の前に“下稽古”をやりました。都合によりメンバー全員が参加したわけではありませんが、なかなか異例の出来事です。気合の表れでしょうか…ふふ。まあ意図はさておき、そのおかげで初回の練習から、いくつかのナンバーは先が見えてきました。そこで予定を少し早めて、6月の稽古から“立ち稽古”を始めることにしました。そうなると余裕がなくなるのが私たち制作サイド。どういう舞台にするか、もう全体を頭に描きながら演出を考えなくてはなりません。これが毎度おなじみ“産みの苦しみ”です。楽譜とにらめっこ。演者を頭のなかで動かして、いい線を探していきます。ぴったりはまったときの楽しさ。なかなか決まらないときの辛さ。そのはざまで揺れ動く私です。

楽譜とにらめっこ

2013年6月25日火曜日

初稽古ありました

先日、初稽古がありました。気合十分…というより、いつもどおり和やかなスタート。新宿オペレッタ劇場初参加となる廣橋英枝さんからごあいさつをいただき、そのあとは馴染みのメンバーが一言ずつ。いつもどおり手がかりの少ない楽曲を、ああでもない、こうでもないと話しながら、歌い方や曲の寸法を決めていきます。北村さん曰く「今回は印象的な曲が多いなあ」。私も同感。自分で選んでおいて言うのもなんですが、なかなかの粒ぞろいです。廣橋さんも若いのに、とても柔軟に“オペ劇流の練習”に付き合ってくれます。ただ心配なのは“踊り”だそうで。それはやはり初参加、初オペレッタとなる勝又さんも心配していたのですが、その勝又さんに向かって「でも大丈夫。その人にレベルに合わせた振付にしてくれるから」とは佐藤さんの弁。さすがベテラン。その佐藤さんと赤池さんの喜歌劇「離婚した女」からの二重唱は、初稽古からなかなかの盛り上がりを見せ、この先が楽しみです。みなさんのお目にかけるまで、楽曲の姿は二転三転します。音楽や作品の本質に近づいていくたびに見せる変化。練習の醍醐味でもあります。練習の後は、もうすっかりこのブログでもおなじみの歌舞伎町和平飯店でキックオフ会の乾杯!ここの餃子を食べないと新宿オペレッタは始まりません。話題は平成生まれの廣橋さんに集中。いよいよ当劇場もそういう世代を迎え入れることになったのですね。いずれにしても話題の多い今回のプロジェクト。お楽しみに。1階のお席はずいぶん埋まってきていますのでお早めにご注文ください!

新宿オペレッタ キックオフ

2013年6月7日金曜日

うなぎを食べに行きました

佐原と銚子の間にある笹川というのどかな田舎町に、うなぎを食べに行きました。利根川沿いの田園風景のなかに、川魚割烹「たべた」があります。割烹とはいってもご近所の職人さんも食べにくるお店だけあって、とんかつ定食も生姜焼き定食もやってます。お目当ての天然ものは、農繁期ということで採りに行く人手がないとのこと。天然に近い味というブランド鰻「坂東太郎」を食しました。白焼きはあっさりしすぎて今ひとつでしたが、蒲焼のうな重はなかなかの美味。野趣みは残しながら、ふっくらほこほこで楽しめました。そのほかにも、どじょうの柳川や鯉のあらいなど川魚ならではメニューもいただいて大満足!帰りは佐原に立ち寄り、香取神社に参拝。風情ある佐原町で舟遊びを楽しみました。

川魚割烹たべた

外はのどかな田園風景

鯉のあらい

どじょうの柳川

うなぎの白焼き

メインの蒲焼

香取神宮でお参り

佐原で川遊び

2013年6月2日日曜日

日本オペレッタ協会の解散に思う

ふと日本オペレッタ協会のホームページを開いてみました。すると冒頭に、平成25年4月25日付けで協会が解散したとの告知が出ていました。本当に静かに幕を閉じたという感じでしょうか。とくに寺崎先生のご挨拶やコメントもなく、その役割と年月の重みを振り返る様子もない、静かなる宣告。最後の舞台「ヴェニスの一夜」から約2か月の出来事でした。私は、その歴史の最後の方で寺崎先生と親しくさせていただくことがあったものの、この団体とはあくまで一ファンとしての関わりしかありません。たくさんの日本初演となるオペレッタを精力的に提供してくれた団体。楽譜を集めて、日本語の台本・訳詞を作って、お金を集めて、稽古して、でも初演だと知名度が低いからチケットはなかなか売れなくて(笑)。有名作品を扱う5倍も10倍も苦労するんです、実際。それを支えるのは使命感と熱意しかなかったはずです。そしてそれが寺崎先生にたくさんあった。それが日本オペレッタ協会の存在理由でした。“解散”に至る理由を、王子駅裏の飲み屋で先生から直接伺ったときは、法制度の建前から仕方ないことと思いました。でも、組織がなくなって、先生の使命感や熱意はどうなるだろうというのは、ファンとして本当に気になるところです。もちろん冷たくなったホームページにそれを暗示するものは何もありません。私たちファンは、ただ待つしかないのです。ひとりの演出家の熱意が、再び舞台に灯を点す日が来ることを。

2013年5月19日日曜日

第2回ウィーンオペレッタコンクール

世の中、どこでどう繋がるかわからないものです。二期会オペレッタ研究会の中心として活躍されている黒田晋也さんから突然携帯に電話が入りました。もちろん舞台で拝見している方ではありましたが、突然の電話に戸惑う私。黒田さん曰く、昨年、オペレッタコンクールを開催したのですが、今年も開催の運びとなり、その審査員を引き受けてもらえないか、と。新宿オペレッタ劇場でも公演の一形態として過去にコンクールを実施したことはあります。ですが今度はもっときちんとしたコンクール。実行委員長の黒田さんはもちろん、歌い手では市川倫子さんや佐藤一昭さん、小林晴美さん。ウィーン・フォルクスオーパーの副指揮を務めた白石隆生さんや、東京オペレッタ劇場の角岳史さんなど、審査員は錚々たる顔ぶれです。まあ他のことならいざ知らず、三度の飯に匹敵するほど好きなオペレッタがテーマですから何とかなるだろうとお引き受けした次第。プロはもちろん、アマチュアも参加可能なコンクール。さて、どんな才能が現れるか…劇場支配人として楽しみであります。http://www.soleilmusic.com/competition-operetta.html

2013年5月10日金曜日

ひとつ肩の荷がおりて


私が主宰をつとめるアマチュア・オペラグループ「ガレリア座」が20周年記念公演を終えました。今回の会場は10周年のときと同じサントリーホール大ホール。アマチュア団体としては正直敷居の高いホールですが、ここを目指すことでガレリア座の底力は上がりました。1300人を超えるお客様を前に、一人一人が自分たちのできる最高のパフォーマンスを発揮したと思います。お客様はとても温かく、演目のすべてに拍手を贈ってくださいました。そして、国内最高のホールとして私たちを支えてくれたホールスタッフに深く感謝するばかりです。サントリーホール、その凄さは使ってみてこそわかるんです!
さて、これが終われば「新宿オペレッタ劇場」です。稽古日程も固まり、訳詞もほぼ完成の段階となってきました。歌手のみなさんとの顔合わせが今からとても楽しみです。おかげさまで、チケットの注文も増えてきました。少しでも良いお席をとお考えの方は、メールにてお申し込みください。お待ちしています。

サントリーホール、晴れの舞台

2013年2月13日水曜日

日本オペレッタ協会の「ヴェニスの一夜」見ました


日本オペレッタ協会の名誉顧問、演出家の寺崎裕則先生からお電話をいただき、2月8日のゲネプロと、翌9日の本番を見に北とぴあに出かけました。私の主宰するアマチュア・オペラ団体ガレリア座が昨年、ヨハン・シュトラウスの「ヴェニスの一夜」を上演するにあたり、先生にご指導をいただく機会を得たのをご縁に、すっかり先生と仲良くさせていただくようになりました。記憶に新しいこの演目だけに、協会のフェルゼンシュタイン版とガレリア座のコルンゴルト版の違いや、ハンガリー・オペレッタの至宝、指揮者のカタリンさんの音楽作りなど様々な関心を持って見聞きすることができました。舞台上の役者は、最近のオペレッタ協会の主役を担う田代誠さんのウルビノ大公、次回の新宿オペレッタ劇場にも登場願う家田紀子さんのアンニーナをはじめ、オペ協常連の坂本秀明さん、宇佐美瑠璃さん、甲斐京子さん、また懐かしい顔の平田孝二さんなど贅沢なキャスティングが目を引きました。また寺崎先生が必死にお金をかき集めてなんとか再現にこぎつけた素晴らしい衣裳と、先生のお父様、寺崎武男氏の描いた背景幕は、この舞台を語るとき忘れることのできない財産です。
終演後のカーテンコール、いつもと何も変わらない舞台の下手から上手の演者までハイタッチをしていく先生は、その年齢を感じさせない軽い足取りでした。でも、その口から日本オペレッタ協会で上演する大きな規模の作品はこれが最後、あとはNPO法人となってオペレッタの灯を守り続けると、なかば悲壮な宣言がなされたことに動揺した聴衆も多かったのではないでしょうか。
ひとことで言えば“浮世の愉しみ”、聴衆のみなさんが、舞台を産む苦しみなど感じることはありません。いえ、感じさせてはならないのです。でも日本はもちろん、今、世界中のどの劇場でも楽に舞台を制作しているところなど一つもありません。お金を集め、人を集め、聴衆を集める三重苦を背負い、それでもなお舞台をやるという、ばかばかしいほどの情熱がなければ成立しないのです。それをかれこれ35年以上やってきた気の遠くなるような寺崎先生の情熱を私は尊敬してやみません。私もその大きな背中を見ながら舞台を作ってきたのです。楽日の幕が閉じたあと、先生は何を思い、何を感じたのでしょう。あんなに楽しい音楽だったのに、あまりにも重く、そして切ない幕切れ…。でも、先生はそんなセンチメンタルなんか、これっぽっちも浸ってないのかもしれません。次は何をやろう、何を仕掛けようと頭の中をくるくる回しているのかもしれません。フェルゼンシュタインやポクロフスキーのように考えているのは舞台のことだけ。さて、日本オペレッタ協会はどこへ舵を切るのでしょう。

2013年2月11日月曜日

メンバーが決まりました

新宿オペレッタ劇場19の開催日付とメンバーが決まりました。
秋を待たず、初夏のまぶしい日差しのなか、7月12日(金)の公演となります。場所は前回と同じ四谷区民ホール。歌手の足もとまで見えるので新宿文化センター小ホールより好評をいただいています。
メンバーは、なんとオペ劇ニューフェイスが3人も!まずはソプラノの家田紀子さん。以前からオファーをさせていただいていたのですが、なにせ売れっ子、なかなかスケジュールが合いませんでした。藤原歌劇団では数々の主役をつとめ、オペレッタの世界でも、つい先日、財団法人日本オペレッタ協会最後の通し公演「ヴェニス」の一夜でアンニーナを熱演。まさに今、一番聴きたいソプラノの一人と言えましょう。次にテノールの勝又晃さん。私の主宰するガレリア座が第九の合唱で賛助出演した際、テノールソロを歌っていたのが勝又さんでした。イタリアオペラを得意とし、熱さのなかに気品の漂う歌声が魅力的。オペレッタ経験値についてはこれからで、私がオファーしたときも不安を隠せないご様子でしたが、かつて宗教曲しか歌ったことのない三塚直美嬢をオペレッタ・ディーヴァに育て上げた(勝手に育ったかも…)当劇場の実績をもってすれば、勝又さんが次代のオペレッタヒーローになる可能性も大きいはず。どうか楽しみにしていてください。そして最後はソプラノの廣橋英枝さん。文字通りの“ニューフェイス”、まさにこれからキャリアを積み重ねていく逸材です。彼女、昨年11月のオペレッタ劇場18の折、訳詞家の三浦さんから紹介されたばかり。こういうの支配人の勘です。行ける、きっと。今から稽古が楽しみです。
なお、チケット売出しは4月10日を予定しています。