2013年6月26日水曜日

産みの苦しみ

今回、じつはキックオフとなる稽古の前に“下稽古”をやりました。都合によりメンバー全員が参加したわけではありませんが、なかなか異例の出来事です。気合の表れでしょうか…ふふ。まあ意図はさておき、そのおかげで初回の練習から、いくつかのナンバーは先が見えてきました。そこで予定を少し早めて、6月の稽古から“立ち稽古”を始めることにしました。そうなると余裕がなくなるのが私たち制作サイド。どういう舞台にするか、もう全体を頭に描きながら演出を考えなくてはなりません。これが毎度おなじみ“産みの苦しみ”です。楽譜とにらめっこ。演者を頭のなかで動かして、いい線を探していきます。ぴったりはまったときの楽しさ。なかなか決まらないときの辛さ。そのはざまで揺れ動く私です。

楽譜とにらめっこ

0 件のコメント:

コメントを投稿