2013年6月28日金曜日

家田さんと勝又さん登場

2回目の稽古に家田さんと勝又さんが初登場。とくに家田さんとは初めてお仕事をご一緒することになります。お二人ともイタリア・オペラでのご活躍が印象的ですが、オペレッタも言うに及ばず。家田さんは日本オペレッタ協会最後の舞台、「ヴェニスの一夜」でのアンニーナが素晴らしく、彼女の大車輪の活躍あってこその舞台だったと記憶しています。なので、どんなに座長っぽい方なのかなとこちらもちょっと構えていたのですが、どうしてどうして、とても気さくな方、とても洒落た方でした。こちらが「じゃ、こんな感じでお願いできますか?」と申し上げると、私の思った以上に素敵な音楽に仕立ててくださるのです。うーん、こういう稽古、楽しいなあ。一方、勝又さんは「トゥーランドット」のカラフ役を終えたばかり。それが一転のオペレッタ。誰も寝てはならぬ…なんて歌いあげちゃうのかな、と思ったのですが…いや、じつに甘い。とろけるようにあま~い歌声なんです。ご当人はまだ戸惑いもあるようですが、これはオペレッタ向きですよ、本当に。素晴らしい。ぜひぜひ皆さんに聞いてもらいたいです。じつはこの日、立ち稽古も少し始まりまして、北村さん、勝又さん、赤池さんは相当に長時間の負荷のかかった稽古になりました。あと2週間、がんばりまするぞ。

真剣なアンサンブル稽古

0 件のコメント:

コメントを投稿