2014年2月17日月曜日

嗚呼、またも雪

2月14日、東京を襲った二度目の大雪。北国にお住まいの方には笑われるような話ですが、雪に免疫のない都会の人間にとってこれは立派な災害でした。その日、勤務を22時15分に終えた私は地下鉄副都心線西早稲田の駅に向かいました。東武線、西武線、東急線と乗り入れをしている副都心線は各私鉄の運行状況の影響を受ける路線です。もちろん時刻通りに来ることは期待していません。動いているだけでもありがたい。15分近く待って思いのほか空いている副都心線に乗車。新宿三丁目で下車し、JR新宿駅まで徒歩。私の場合、問題はその先の中央線でした。快速電車はホームで止まったまま。アナウンスに従い緩行線に乗り、まずは三鷹まで何とか行ければと…。乗った電車は、大久保、東中野、中野とそれぞれの駅で数分の停車を繰り返しました。そして電車は、“運命の”高円寺駅に到着したのです。車掌のアナウンスは「この先の各駅すべてに電車が停車しており、運行のめどが立っておりません。」。時刻は午前零時を回り、もはや新宿に引き返す電車もない。雪は風とともに強まるばかり。天気予報では零時過ぎには雨に変わるとか言っていたのに!15日は気温が10度を超えて暖かくなると言っていたのに!とりあえず、列車を降りて、改札を出て、タクシー乗り場を見てみれば、そこには長蛇の列。でもタクシーは一台もやって来ない。タクシー会社に電話をしてもまったく通じない。虚しく時間だけが過ぎていき午前3時を回り、私も腹をくくりました。日頃お世話になっている通勤電車、中央線の中での夜明かしです。中央線は青梅線や五日市線に乗り入れるため、各扉横に手動の開閉ボタンが付いています。通常、中央線区間では使用しないこのボタンが今回、とても役に立ちました。車内の温度を保つため、すべての扉を閉鎖し、トイレ等の出入りはこのボタンで乗客自身が開閉を行いました。疲労のせいか、軽い興奮状態のなか、午前7時過ぎまで私はぐっすり眠ることができました。朝になると、少しずつ電車も動き始め、どうにかこうにか12時間をかけて会社から帰宅を遂げました。その日、土曜日の稽古をすべて中止にしたのは単に交通事情だけでなく、私の疲労のせいでもありました。2週続けて演出稽古を休みにするのは、演出初期のこの時期、とても厳しい決断ですが、今回に限っては即決でした。その日はそれでも昼間、眠ることはできず、ご近所の方たちと家の周囲の雪かきに励みました。なんだかナチュラルハイの状態でしたね。海外旅行から帰った日の時差ぼけのような。おかげで八木原家の周囲はきれいです。

東京の雪

0 件のコメント:

コメントを投稿