2014年8月29日金曜日

充電期間と言いながら


8月の新宿オペレッタ劇場までは相当忙しく過ごしてきたのですが、それに比べれば心安らかな日々を過ごしている8月下旬の私です。のんびりできる休日の幸せを噛みしめつつも元来、貧乏性な質でしょうか、何かをやっていないと落ち着かないのもまた事実。今はさる作曲家の方から短い(本当に短い!)オペラの台本を書く依頼をいただき、それが制作活動の真ん中に来ています。将来的にはそれを発展させた形で長い作品になるかもしれないということで、原作のお話を台詞のやりとりに換えるのが今回のミッションです。先日はオペレッタ劇場でもおなじみ、テノールの佐藤一昭先生が指揮をされている荒川フィルハーモニー合唱団のための石川啄木を題材にした新作合唱作品(作曲は安藤由布樹先生)の構成&ナレーション台本書きをして我ながらとても良い作品に仕上がったので、今回も調子に乗ってトライしてみたのですが…。ナレーション作品とはまた全然違う難しさがあり頭を悩ませました。オペラの場合、原則、語り手がいないので、原作の“地”の部分を台詞のなかで表現するか、あるいは割愛してしまうか、そういう悩みです。ガレリア座でオペレッタの台本を翻案しているときは、もともとの台本があるわけで、その流れに乗ればいいわけです。原作にもカギ括弧の付いた台詞はあるのですが、“地”が8割以上。これを台詞に落とし込むと、台詞がすべて説明になってしまう!おお、神よ!それでも、経験が私を助けてくれますね。本当に経験は大切。これまで出会った作品を振り返りながら、どうにかこうにか台本を書きあげ、それをガレリア座でも新宿オペレッタ劇場でも日本語訳で私を助けてくれる訳詞家の三浦真弓に送り英訳にしてもらいました(海外での上演を予定している作品なので)。さあて、ここからひと月。作曲家の先生と三浦さんと私との詰めの作業が始まります。

2014年8月23日土曜日

緩やかに夏を愛でる

最近は便利なツールが多くなりました。私は“スカイプ”を使って最愛の甥っ子とほぼ毎日会話をしています。甥っ子はオーストリアのザルツブルグに住んでいます。8月下旬に差し掛かったばかりというのに、すでにスカイプの向こうは長袖長ズボンの秋仕様。雨も多く、朝晩は10℃そこそこしかないそうです。そう思えば日本の夏は長いのですね。初夏に始まり、盛夏、残暑、晩夏と少しずつ“夏”の色合いが変化していきます。今は太陽の直射に当たっても、その光が少し弱くなっているように感じます。この時期が私の好きな季節です。桜はあっという間に散ってしまうので惜しむ時間が足りない。往く夏の足取りは緩やかで、それを愛でるのが愉しいのです。

2014年8月10日日曜日

次回もお楽しみに!

昔、まだ私が大学生だった頃は、とにかくコンサートに行きまくっていました。土日などはマチネで東京芸術劇場、ソワレにサントリーホール、などという強行軍を何とも思わず通い詰めたものです。今、演奏会を作る側に回って思うことは、たった1、2時間で消費されてしまう完成品を作るまでのプロセスこそ最も“音楽”なのではないか。和気藹々のように思える新宿オペレッタ劇場の稽古でさえ、それなりの葛藤や苦労や気遣いが行き交い、とても人間臭い作業が繰り返されるのです。音楽稽古、立ち稽古、通し稽古、本番会場での直前リハーサルと、息を詰めるような緊張のなかで懸命に音楽家たちが向かっていく姿勢に私は感動してしまうのです。戦い済んで、またこの作業を一から始めることになります。歌手と関わるずっと前に制作の作業は始まります。オペレッタの愉しさを皆さんと分かち合うために。次回もどうぞお楽しみに。

2014年8月9日土曜日

無事、公演終了しました!

最後の稽古を終えた後、ふと空を見上げると秋を思わせる雲が浮かんでいました。蝉の声がうるさいというのに、空はすでに先の景色に変わっているのですね。8月8日、四谷区民ホールに300人を超えるお客様をお迎えして、20回目の新宿オペレッタ劇場を行いました。アンコールを含めて全24曲、15人の出演者。その賑やかさ、華やかさはまさに夏の花火のよう。温かい拍手に支えていただき、手前味噌ですが良いステージを作ることができました。劇場は出演者とお客様、そしてスタッフが一期一会で作り出す時空間です。私はこの場に居られたことを、一人のオペレッタファンとして幸せに感じました。新宿オペレッタ劇場の打ち上げは、おなじみ歌舞伎町の和平飯店。楽屋はとっとと引き払われ、乾杯に一目散!宴は最終午前5時30分まで続きました。
                        公演直後に全員集合!

2014年8月8日金曜日

明日、会場でお待ちしています!

前日稽古にはボストン在住の訳詞家、三浦さんも登場。これでオペレッタ劇場ファミリーも全員集合となりました。あとはお客様に楽しんでいただくだけ。1階席はほぼ完売となりましたが、2階のお席はまだご用意できます。夏の暑さをしばしオペレッタの愉しさで忘れてください。明日、会場でお待ちしています!
新宿オペレッタ劇場ファミリーがお待ちしています!
こちらが本当の姿(笑)

2014年8月2日土曜日

本日より立ち稽古

本番もあと一週間と迫り、いよいよ立ち稽古が始まりました。歌手の皆さんは、いつものように歌詞を覚えるのと動きを覚えるのに必死となる時期です。たしかに今回はガラコンサート、一人当たりの負担は通常回の数分の一。とはいえ、お客様に見せるためには頑張らなくてはいけません。とにかく出演者にとっては艱難辛苦の一週間!お客様にとっては愉しみの一週間!これぞリアル版《天国と地獄》!
福留さんと振付の藤井さん
フィナーレのお稽古
佐藤さんソロ稽古
北村さんソロ稽古
北澤さんソロ稽古
北澤さんと佐藤さんの二重唱
古澤さんソロ稽古
家田さんと女性陣
家田さんと猪村さんの二重唱
小田切さんソロ稽古
小田切さんと古澤さんの二重唱
圧巻の四重唱は推屋さん、星野さん、猪村さん、北村さん
推屋さんソロ稽古
星野さんソロ稽古
清水純さんソロ稽古
清水純さんと福留さんの二重唱
長丁場の稽古の合間は…
赤池さんソロ稽古
赤池さんと北村さんの二重唱