2014年9月24日水曜日

まもなくオペレッタコンクール


昨年初めて審査員として携わらせていただいたウィーンオペレッタコンクール(主催:オペレッタ座)。今年も第3回の予選が9月28日に南大沢文化会館で行われます。プロフェッショナル部門とアマチュア部門、どんな方たちとお会いできるのかとても楽しみです。昨年のプロフェッショナル部門の最高位だった推屋瞳さんには8月の新宿オペレッタ劇場にご出演いただきました。オペレッタの場合、必ずしも歌の上手さだけではない評価ポイントがあります。人を魅せる力、思わず笑みがこぼれてしまうようなステージング、あるいは、ああこの人、オペレッタが好きなんだなと思わせてしまう情熱などなど。昨年は私、コンクール後に「みんなアデーレ。もっとオペレッタを研究しましょう。客席には何倍も詳しい人、好きな人が座っているのだから。」と辛口なことも申しました。今年もアデーレばかりにならないことを祈っています(笑)
第3回ウィーンオペレッタコンクール予選迫る

0 件のコメント:

コメントを投稿