2014年9月30日火曜日

第3回ウィーンオペレッタコンクール予選~その1

9月28日、お天気も上々のなか、まずはつつがなく予選会が終わりました。結果から言えば、昨年よりも出演者の皆さん、十分な底上げがあったなあという印象です。プロもアマも。あらら…という方はいらっしゃらなかった。それに何よりも収穫なのは、曲目が多彩になったことでしょう。昨年、全部アデーレと私が揶揄したせいではないと思いますが、アマチュア部門に至ってはアデーレを歌ったのはたった一人。これは立派です。とくにアマチュアの皆さんはよく頑張った!素晴らしい!もちろん声勝負ではプロの人たちに勝てないのは道理ですが、オペレッタの場合、それだけじゃありませんからね。コンクールの枠組みを外して、出場したメンバーで舞台を作ったらかなり面白いものができるんじゃないの?そんなふうに思わせる出場者の生き生きとした個性を感じました。率直に楽しかったです。アマチュア部門が終わって審査員室に戻ってきたとき、審査員の先生方も軽く興奮している感じがしました。そういう時って、みんな話したい、言いたいという空気が出ているんですよね。審査員長の黒田先生に促される前に、みなさん勝手に感想戦に突入していました。誰々は昨年より格段にうまくなったとか、あの上手い人はいったい誰なの?という感じで。実際、アマチュアの方はこちらの想像を越えたり、嬉しく予想を裏切ってくれたりするのが醍醐味、というのが20年来、アマチュア歌劇団を率いてきた私の正直な感想です。

0 件のコメント:

コメントを投稿