2014年10月31日金曜日

音楽とは

そんな難しいことを書こうとは思っていませんが、そんなことをふと思わせる演奏会に行ってきました。主人公は私の妹の大学時代の恩師。武蔵野音楽大学名誉教授の川﨑隆先生と奥様の周子先生の連弾リサイタルです。お二人はウィーン留学の頃より二台ピアノ連弾の勉強をしてこられ、これまでも二台ピアノの演奏会を開かれてきました。しかし隆先生が昨年、ご病気になられ毎年の演奏会も中断。懸命のリハビリによって見事、復活の演奏会を今秋、開くことになったのです。この演奏会は一台四手連弾。真剣な表情で寄り添うお二人の姿には、人間としての温かさと演奏家としての性(さが)のようなものを感じました。病気で倒れられた隆先生は、お医者様から治ったら貴方は何がしたいですかと訊かれ、ピアノが弾きたいですと答えたそうです。周子先生は一時は死も覚悟したそうですから、隆先生の音楽家としての執念が何物をも上回ったのでしょう。音楽にはそういう力があり、一人の音楽家の生き様を通して我々は震えるほどの感動を得るのです。翻って今年前半、巷を賑わせた佐村河内守氏。彼にまつわる種々のエピソードは、彼の作品とされた楽曲を本体の価値以上に感動的なものにして世に送り出したのです。あの騒動のなかで、音楽そのものの価値は変わらないといった論評もありました。しかし私は“音楽”が少なくとも人間の営みのなかで作られたり、演奏されたり、聴かれたりする以上、そこから“人間”のファクターを外すことはできないと思うのです。バッハやモーツァルト、偉大な作曲家の真作とされていた作品が後年の研究の結果、偽作とわかります。その途端、演奏会で演奏されなくなり、CD録音もされなくなる。それだって同じことです。話がそれましたね。川﨑先生ご夫妻は、アンコールにエルガーの「愛のあいさつ」を弾かれました。お二人のテーマ曲だそうです。人生を背負ったそのピュアな音色に私は深い感動を覚えました。
川﨑先生ご夫妻

0 件のコメント:

コメントを投稿