2016年2月22日月曜日

稽古も大詰め

もう本番も間近となり、稽古も佳境に入っております。今回のテーマはシュトラウスとシュトルツ。ウィンナ・オペレッタの頭と尻尾を飾る二人の作曲家の魅力を存分に楽しんでいただこうという企画です。レア曲はもちろん、でも「こうもり」なんかもお聞きいただきます。やっぱり「こうもり」っていいオペレッタなんですね。稽古に熱が入って、「こうもり」1幕幕切れの三重唱だけで1時間15分の稽古…ってんで歌手の三人はくたくた。演出の私一人がご満悦という次第。ほかにもシュトラウス作曲「愉快な戦争」の濃密なる二重唱など、どうしても聞いておいていただきたい、いい曲がいっぱいです。少しですが予約キャンセルが出ていますので、新宿文化センターに電話してください!
 テノール歌手のアルフレードと刑務所長フランクが意気投合!
ロザリンデの亭主気取りで満足なアルフレード

0 件のコメント:

コメントを投稿